一人で悩むのは無駄。NPO業務サポートをやるまでの迷走を時系列で追う

もとNPOの職員だった私。

それが現在の仕事である「NPO業務サポート」をやると決めるまで、実はめちゃくちゃ時間かかってます。

 

「いままでやらなかったこと」「でもやってみたいこと」を始めようかと悩む人、迷う人はたくさんいますよね。

アドバイスなんかできる身分ではないので、

どれくらい迷った」結果「やると決めた」のかを「時系列」でまとめました。

 

けっこうリアルに書いてますので、

「こうはなるまい」と思いながら見ていただけると幸いですw

 

離職して1,2ヶ月間(2017年2月〜3月くらい)

とりあえずハロワに行きました。

前職NPOの業務を委託契約で行う、というのは退職より前に決まっていたため、相変わらず職場(運営しているコワーキングスペース)に来て細かい雑務は引き続きしてました。

サイト分析のアウトソーシングのお仕事も。

離職前より時間は圧倒的にできたので、手始めにこのサイトも作りました。

あとは、

転職サイト登録したり。

もともと「楽器が吹ける/コンサートができる家を作りたい」と思っていたので、プラン書いてビジコンにエントリーしたり。

迷走してるくせに行動量は多かった最初の2ヶ月間だったと思います。

 

NPOをサポート、というコアが固まった3,4ヶ月目(2017年4月〜5月くらい)

前職の仕事がNPOをやりたい人やNPOを既にやっている人のサポートだったので、

「問題だと思っていることがらを自分で解決したい」

という人や既に行動にうつしてる人と接する頻度は変わらずありました。

 

そうすると純粋な疑問が出てくるのです。

「なんでこの人たちはこんなに困ってるんだろう」

と同時に、

「この困っているNPOと何かしらのプロをマッチングしたらいいんじゃないのか」と、ふと思いました。

もともとWebマーケの出身だったこともあり「NPOを助けるアフィリエイトプラットフォーム」をやろうということになります。

 

きっかけ欲しさにオンラインサロンに入る5ヶ月目(2017年6月〜)

試しに話してみると、

・NPO界隈の人には刺さる

というのは検証できました。でもなかなか前に進まない。

手詰まり感が出てきた時に、たまたまネットを見てて見つけたオンラインサロン に入ります。

マーケティングや新しいサービスを考えるのに有益なのでは、と期待してですね。

とにかく変わるきっかけが欲しかった時期でした。

 

今まで接することがなかった人とオンラインでのコミュニケーションを通じて、

  • 人に興味を持つ感度が高い人
  • 人のやってみたい!を後押ししてくれる人

「こんな人が世の中にはいるのか」というのを初めて知りました。

 

現在の仕事(NPO業務サポート)を始めるまでの6,7ヶ月目くらい(2017年8月〜)

とはいっても、もともと大人数の中で過ごすのが苦手なので、ちょこちょこミーティングに参加する程度だったんですが。

新しいサービスを考えよう、なミーティングに参加して、つるつるっと話すと。

「(サービス内容は決まってるので)じゃあ深掘り(ダメ出し)しよう」とメンバーがサロン内で声をかけはじめました。

 

これだけでも驚きですが、今まで「自分の周りにはいなかったような体験や知識を持ってる人」がたくさん協力してくれたのはさらに驚きでした。

いざMTGで自分のサービスについて話してみると、

あれ、(俺の中ではめっちゃイイと思ってるサービスが)もしかしてイマイチ…?

というのに気づきました。笑

 

究極は別途お金払って受けた学長とのコンサルティング。

ボロクソでした。リアル涙目。

久しぶりにちょっと凹みましたが、同時に見出した光明は「助けたい人はブレてないこと」。

私の場合は「NPOの人やソーシャルビジネスをしている人」ですね。

 

まずできる範囲からやってみようとなって別のオンラインサロンでミーティングしてた時に出たシンプルな答えが、

ひとりであらゆる業務をやってきた元NPOスタッフが提供するNPO向け業務サポート

でした。

 

これをサロンメンバーに話すと、概ねいい反応。

また、別のオンラインサロンでも話すと、なかなかいい反応。

さらに自分の周りの人に話してみると、なんといい反応!

(知り合いのNPOの代表も共感してくれ、モニターになってくれました。)

 

単純なので「あ、これや」と思い、

開業届を出し、サイト名を変え、名刺を作り。サービス体系を作り、現在に至ります。

 

まとめ

迷った期間:7ヶ月!(2月〜8月。ちなみに開業届を出したのは9月。)

なんと半年以上。何してたんやと。

 

ここまで長引いてしまった要因はこの3つです。

  • だいたい一人で考えてやろうとしていた
  • フィードバックの数が足りない
  • フィードバックくれる人のバックグラウンドが限定的

発想とかアイデアをそれっぽくするのは昔から得意なんですが、一人だけじゃできなかった。

またフィードバックの少なさや偏りがあることの限界を思い知りました。

 

なので、「いままでやらなかったこと」「でもやってみたいこと」を始めようかと悩む人、迷う人は、こちらをおすすめします。

・誰かに話す(まずは数)。

・しかも様々なバックグラウンドの人に話す。

真剣に相談すれば、いい人は自分なりに考えてフィードバックをくれます。

さらに今まで自分の周りにいない経験や知識を持ってる人に会うと、フィードバックの質が一気に変わります。

そうすると、

「実はそんなやりたくないことだったー」と気づくこともありますし、

「それでもやりたいこと」はより具体的に最適化された形で自分の頭に降りてきます。

「一人で悶々と考えるのは愚策」

私が言われた言葉ですが、ほんとその通りだと思います。

 

聞いてくれる人、背中を押してくれる人は実は世の中にたくさんいます。

↓ココ↓にくればそんな人、しかもとてもいい人たちにたくさん出会えます。

トリイくんのファーストペンギン大学

ワクワクすることで食っていきたい!!発信力・行動力・シェア力を磨く「魅力スパークサロン」

きっとビックリするでしょう。かつての私がそうだったように。

 

NPOやソーシャルビジネスの相談なら私も受け付けてますので、お気軽にどうぞ。

NPO設立サポートやってます!ふわっとしたその”志”を具現化します。

NPO業務サポートやってます!相談だけなら無料!

なぜNPO業務サポート?プロフィールをぜひご覧ください。→こちら