「人とお金が集まるNPOになる」7日間無料メール講座のご案内

「人とお金が集まるNPOになる」7日間無料メール講座やっています。

 

7日間メールを読み、ワークをやっていただくだけで

あなたにマッチしたNPO・ソーシャルビジネスの成功法則を見つけ出せます。

▼今すぐメール講座を登録する▼

※登録は10秒で終わります。ワンクリックで解除できます。

※docomoやauなどの携帯メールアドレスでは満足に受講できないことがございます。

PCでご覧いただけるメールアドレスをご登録ください。

 

 

  • 失敗しないNPO法人の立ち上げ方を知りたい
  • 収益があげられず、気がつくと助成金や補助金の情報ばかり追いかけている
  • 様々なセミナーや講座で学んだことを、自分の活動にうまく活かせていない
  • はじめて会った方に、団体や活動の話をしても共感されにくい
  • 実現したい社会や地域を思い描いて始めたはずなのに、今の活動がハッキリ言って負担楽しくない

 

1つでも当てはまるものがあれば、

この「人とお金が集まるNPOになる」7日間無料メール講座は、

きっとあなたのお役に立てます。

 

 

この無料メール講座は、

  • NPO法人の経営や運営に関わる方
  • 社会問題を解決しようとするソーシャルビジネスをされている方

が、対象です。

 

「組織や事業の問題を解決して、さらに飛躍させたい!」というあなたのための講座です。

 

この講座を受けていただくことで、

  • 相手に伝わり、人が集まるビジョンをつくることができる
  • 理想の社会や地域を実現する計画を立てることができる
  • 団体が続けられるだけの収益を得られるビジネスモデルを構築できる

ようになります。

 

そう言い切れるのは理由があります。

 

団体を継続できるだけの収益をあげ、活動に参加してくれる人や協力してくれる人が常に集まってくれる。

こういった、いわゆる「うまくいっているNPOやソーシャルビジネス」は

この「ビジョン」、「計画」、ビジネスモデル」を、

すべて団体にマッチしたものに作り上げているからです。

 

大丈夫です。

人とお金が集まるNPOになるのには共通の条件があります。

そしてそれは「誰でも」身につけることができます。

 

この7日間のメール講座では、

事業規模1,000万円のNPOの運営をほぼ一人で回し、「NPO法人の作り方」を100名の方にお伝えし、NPO法人を複数輩出してきた【すべて】をこのメール講座に凝縮しました。

 

NPO法人やソーシャルビジネスの始め方・続け方を学び、実践し、伝え続けてきた私だからこそお伝えできる

ビジョン」「計画」「ビジネスモデル」の3つのポイントを中心に

「人とお金が集まるNPO」への道筋を7日間かけてお伝えします。

1日目:超重要!ビジョンを考える上で鍵を握る「2つの質問」とは

2日目:「あなた」と「団体」のビジョン、その整合性が命運を分ける

3日目:ビジョン実現に向けた計画は「イメージ」からはじまる

4日目:「登場人物」と一緒につくるビジョンへの道筋

5日目:「団体」から「届けたい人」へ価値を提供するための9つの質問

6日目:ビジョン・計画・ビジネスモデルを再整理

7日目:あなたのNPO・ソーシャルビジネスを飛躍させるチャンス

 

1日目にプレゼントするNPO運営見える化シートは、

あなたとあなたのNPO法人が進むべき道を知るためにきっとお役に立つことでしょう。

 

【自分にあったNPO法人の運営のやり方】を学べる機会って少ないですよね。

 

かつての私も、数々の失敗を繰り返し、試行錯誤しながら学んできました。あなたには、そんな苦労をしてほしくはないのです。

私と一緒に、あなたのNPOやソーシャルビジネスを、より加速させましょう!

▼今すぐ登録する▼

※登録は10秒で終わります。ワンクリックで解除できます。

※docomoやauなどの携帯メールアドレスでは満足に受講できないことがございます。

PCでご覧いただけるメールアドレスをご登録ください。

主宰プロフィール

 

ひとりNPO支援センター

片山峻(かたやまたかし)

Web制作会社、静岡で観光促進事業担当、中間支援型のNPOの事務局長を経て、一人で抱え悩んでしまうNPO・社会起業家をとにかくサポートしたくて独立。

「事務を笑う者は事務に泣かされる」がテーマ。

NPOやソーシャルビジネスの管理部門業務サポートによって経営と事務の両面から団体を下支えできるのが強み。

  • スタートアップ企業の黒字化
  • 中間支援組織の管理部門コストカット
  • 会計知識ゼロのNPO決算サポート

など、多くの団体の細かいけれど大事な困りごとに応え続ける。

(特定商取引法に基づく表記はこちら